SPIRALについてこれから説明して行きますが、それぞれの内容については別記事について調査しています。

その調査内容は下記のリンクから見ることが出来ますのでSPIRALについてもっと詳しく知りたいという方はご覧ください。

 

ではここからは本題に入っていきましょう。

果たしてSPIRALはどのようなビジネスなのでしょうか。

SPIRALの口コミとは?

まず最初に口コミについて調べてみました。

しかし、SPIRALは登場したてのビジネスという理由からか口コミを見つけることはできませんでした。

SPIRALの口コミについては沢山の方が気になると思いますのでこちらの件については調査を継続し情報が見つかればまた報告しますので少々お待ちください。

SPIRALの評判や評価は悪い?それとも良い??

SPIRALの評判や評価についても調べてみましたが、こちらも口コミと同様に利用者による評判や評価を確認することはできませんでした。

評判や評価は人によって異なることはあります。

そのため評判や評価はあくまでも個人的な意見という事は理解できます。

ですが、利用者による評判や評価となれば別です。

情報として信憑性はグッと上がると思いますので利用者の評判や評価が出てきましたらコチラも改めてこのサイトで紹介していきます。

SPIRALは副業に良いのか?

SPIRALは副業としても良いと思います。

その理由は副業として継続するための条件がそろっていると感じるからです。

副業にするビジネスは「手軽」「初心者でもできる」「無理をしなくても良い」この3点がそろっているビジネスは副業向きだと思います。

SPIRALにはこれらの条件がそろっているビジネスだと感じます。

個人的には副業に向いていると思います。

SPIRALという投資ビジネス、ご存知でしたか?

ビジネスを新しく始める際に最も重視すべき点は人によって異なることでしょう。

稼げる金額、初期費用、かかる労力、尺度は様々です。

しかし私は常々ビジネスを始める際にはそれが時代にあったものであるかどうかを最も重視する必要があると考えています。

SPIRALは今現在私が最も始めてみようかと考えているビジネスになります。

SPIRALの公式サイトにざっと目を通してみるといくつかの魅力的なキャッチコピーが目に飛び込んできます。
 
「3分で3万円が毎日手に入る」
「3年連続シニア顧客満足度総合第一位」
「最新の資産構築は、ここまでシンプルになりました」

 
等などです。

どれも魅力的で惹かれるキャッチコピーですが、なかでもとりわけ注視すべきは資産構築の単語でしょう。

実は今個人的に最もキていると感じているビジネスの一つが資産構築、つまりは投資です。

投資型ビジネスSPIRALについて返金にフォーカスを当てた上で個人的に思う注意すべき点を列挙させていただきます。

SPIRALで返金を求めるのはご法度!特に弁護士、消費者センターはNG?!

SPIRALの3分で3万円を毎日稼ぐことができるという点について皆さんは疑問に思われるかもしれません。

ですがここについてはとりわけ注意する必要はないと私は考えています。

なぜならSPIRALについて公式サイトには機関投資のトレード手法をインスパイアした次世代のモバイルアプリだと明記されていますがもしこれをスマートフォンを利用して投資を行うこと、と仮定したならばそれが真である可能性が高いためです。

SPIRALをこれから始める上で最も注意するべき点、それは返金にまつわることだと考えます。

副業、とりわけ企業から購入したビジネスで失敗、稼ぐに至らなかった場合返金を要求する人が多いようですが、必ずしもそれが正しいわけではないと考えます。

特にSPIRALについてですが、もしこれからSPIRALを始めようとしている人で「稼げなかった際には返金してもらえばよい」と考えている人がいるのであればその考えは改めた方が良いかもしれません。

返金を要求する際、弁護士や消費者センターといった第三者機関に相談し助けを求める人は少なくありません。

中にはそれこそが正しい手段であると思っている人もいるようです。

ですが私から言わせてもらえればそれらはリスク、デメリットを無視した最終手段であり、本来とるべき方法、頼る相手ではありません。

SPIRALで弁護士、消費者センターどうしてダメなの?

SPIRALでの返金を弁護士に相談するケース

弁護士に相談する人の多くが勘違いしていることですが、弁護士に相談、訴訟という手段をとるのにかかるものはお金だけではありません。

準備期間に法廷に何度も何度も足を運ぶための時間、書類をかき集める時間ととにかく多くの時間がかかってしまう可能性も考えられると思います。

そしてそれに応じた額が帰ってくる保証がなにもないのがこの手段でもあります。

またSPIRALの場合始めるのにかかるのは元手としてかかる5万円のみであり、システム費用やアカウント開設費、月額費用などといった各種費用が全て無料となっています。

額を考慮すると弁護士に相談をしたとしてもまともに相手にしてもらえない、なんてこともあるかもしれないと思います。

SPIRALでの返金を消費者センターに相談するケース

個人的な意見で申し訳ないのですが、消費者センターに対してあまり良い印象を抱いていません。

必ずしも力になってくれるわけではなく、お役所仕事的にあしらわれるなんてこともあるかと思います。

職員によっては場当たり的な心無い言葉を投げかけられる可能性だってあるでしょう。

また、彼らの持つ法的拘束力は薄く事態が解決に至る可能性は薄いと考えます。

消費者センターになんとなしに相談するくらいであれば、後述する一つの方法を試してみる方がお勧めだと思っています。

弁護士、消費者センターは非常に知名度の高い第三者期機関であり、それ故にトラブルを解決する際に最も多くの人が頼りがちです。

これらは安定行動のように見えますが、実はリスクに満ちた不確実な方法、手段であるということをここに強調しておきます。

SPIRALで困ったらまずは運営元に相談しよう

ビジネスが失敗し最悪トラブルに見舞われてしまった際に最も頼りになる相談相手はビジネスの取引相手、SPIRALの場合は運営元の組織であると私は考えています。

訴訟を回避したいという意志は向こうにもあるでしょうし、なによりもSPIRALの場合は客に稼いでもらいたいという意思があるはずだからです。

それはサポート制度や万が一に備えたガイドラインが用意されていることが公式サイトから伺え、誠心誠意稼げるまでサポートするという意思が読み取れることからもわかります。

弁護士や消費者センターに仲介に入ってもらうよりも良い結果が得られる可能性が非常に高いと思われます。

勿論、いきなり返金を運営組織にもちかけるのは推奨されることではありません。

SPIRALにはうまく稼ぐことができない場合はまずサポートをしっかりと活用して稼ぐためにとれる行動はしっかりととる必要があるでしょう。

私個人としてここで強く推奨したい方法としては「運営元に相談する。」ということです。

SPIRALでうまく稼ぐことができないな、といった事態に陥ってしまった際にはこの記事のことを思い出して運営元に相談してみてはいかがでしょうか。

調べてみたところコールセンターというものもあるようです。

電話がつながらないという方はコールセンターに電話してみるのも良いと思います。

電話番号は下記に表記しておきますのでお困りの際は利用してみてはいかがでしょうか。

【電話番号】03-4570-0014